ユーリカ!

コアラが食べてる奴じゃないよ

AI(人工知能)に感情や共感性を持たせるべきか持たせないべきか?

f:id:Thunder555:20180909100002j:plain

現在僕らがポッケに入れているスマホは1970年代にアポロ計画でNASAが使っていた全てのコンピュータより計算能力が優れているそうです。

これまでテクノロジーの普及は電話通信35年、テレビ26年、パソコン16年という年月で普及しましたが、iPhoneに至っては2.5年というスピードで周知しました!

インターネットの登場で新しいプロダクトの拡散速度が上がりに上がっているというわけですね。

テクノロジーの進化スピードも上がっている今、SF映画のような技術はもはや「時間の問題」となっています。

機械ではできないだろうと思っていたことが次々とできるようになっていく・・・。

 

AI(人工知能)に感情や共感性を持たせるべきか否かという議論も盛んです。

僕は技術的に持たせることができたとしても持たせないほうが良いと思うのですが、ドラえもんみたく人間と友達になれるロボットなら良いのかなとも思います。

でもAIはAIの強みを活かせば良いし、AIが人間に近づくならそれは人間で良いわけですよ。

共感力のあるロボット

ロボットが、コミュニケーションの際に私たちの感情を読み取る必要があることは明らかだ。怒りや欲求不満や悲しみを理解できなければ、ロボットは私たちがそうした状態にあるときに適切な反応ができない。
[p234『拡張の世紀』より]

AIに感情を持たせれば、未来の人の生活はより自然な形に近づきます。

機械を人間に寄せることで、僕らは人工物を自然なものだと錯覚できますよね。

 

しかし、僕なんかは機械は機械のままで良いのではないか?と思ってしまいます!

例えば、友人が死んで悲しんでいたとします。

ペッパー君やSiriに無理にトーンを合わせられるよりも、いつものように呑気なことを言ってくれたほうが元気出たりしませんか?

かしこまられても気を使わなくてええよと思うんですよね。

こちらの感情に関係なく毎日「一定のパフォーマンス」を出してくれることが実は大切じゃないでしょうか?

 

一定パフォーマンス(一貫性)の重要性

僕は高校生の頃うつ気味だったんですが、学校の友達いなかったらヤバかったんですよね。。

友達が毎日同じように話しかけてくれたり、話しかけたら面白い反応してくれたりして、それに何度も救われました。

毎日毎日なんでそんなに元気なの?という人っていますが、こっちまで元気もらえますよね。

たまにウザいと思っても元気をくれることのほうが多かったりして。

 

なので、そういうアホがいてくれたおかげで僕は高校時代生き延びることができました。

(もちろん大人しい人でもキャラに一貫性があると安心しますよね。)

あと、今回の北海道地震でTwitterの皆さんが普段通りの投稿をしてくれたおかげで、疲れてるはずなのにクスッとできました。

一貫性って誰かの光になれるのだと思います。

ロボットも変に共感性を身につけるよりは、毎日毎日同じように寄り添っていてくれたほうが良い気がするのですね。 

 

AIは空気まで読める…

イスラエルのビヨンド・バーバル社は音声分析だけで、

  • 性別
  • 年齢
  • 健康状態
  • 気分

などを読み取れるAIを既に所有しているそうです。

言葉のイントネーションから、ガンやパーキンソン病、自閉症などを診断してしまうらしいです・・・。(やべえ)

人間の感情分析や空気を読む能力は既にテクノロジーで可能だよということは証明されたわけです!

 

ですが、それをどう活用していくかですよね。

AIを人間化するために使うのか、ビジネスシーンや医療現場でお客さんや患者さんの状態を測定するために使うのか、研究者のただの遊びなのか。

僕が落ち込んでいるときは、寄り添って話を聞いてほしいなと思うのですが、そっと1人にしてほしいですという人もいるでしょう。

僕みたいな人にはいつものように接して寄り添っていてくれて、1人にしてほしい人に対してはクールな対応をしたり自ら電源をオフって黙る…みたいな感じで、目の前の人に合わせられればベストですね。

 

多分、声のトーンや表情で内向的か外向的かを判断してどう対応するかを決めるAI(空気を読めるAI)は上記ビヨンド・バーバル社のテクノロジーの延長でできそうな気がします。

こちらが落ち込むたびにAIの性格設定を変えたり、通知がうるさいから電源を切るのは面倒ですので。

 

まとめ:AIの共感力=人間虐殺防止策!?

ロボットに感情が必要な理由は、そうすればロボットが私たちを皆殺しにしないということだ。(中略)ロボットが私たちに好感を持ち、人間に共感するようにする必要がある。
[p237『拡張の世紀』より]

ああ、そういうことなんですか・・・!?

でも、感情があるからこそ奪ったり殺したりするのでは・・・?汗

 

今回の内容をまとめるとこうです。

  • 感情持たせる=人間社会に馴染ませる、人類に愛を持たせる
  • 感情持たせない=昨日と同じパフォーマンスで機能させる、一貫性

どちらも必要なのかもしれません。

人間にも共感性の乏しいサイコパス性向の強い人というのはいるわけなので、感情面でロボットに負けたらこりゃ大変という話ですが…。

そもそもAIは感情を持つことができるのか?という問題もあります。

人間の感情を認識するだけなら既にできるけれど、それは共感力とは言わないですよね。

今後どうなっていくのか楽しみです。

 

さんだーでしたっ

 

参考図書「拡張の世紀」