ユーリカ!

コアラが食べてる奴じゃないよ

AIは人間のクリエイティブを代替できないというのは嘘だ!その理由【クリエイター必見】

f:id:Thunder555:20180809044017j:plain
AIのクリエイティブ能力に驚いています、さんだーです。

AI(人工知能)は既にクリエイティブ活動を始めています。

アート、デザイン、執筆、プログラミング…などです。

これからさらに開発が進むと、当然AIのクリエイティブ技能はグングン向上していきます。

しかし、これらはクリエイティブ〈創作〉ではなく単なる模倣であり、抽象的な特徴量抽出とその再現に他ならない。(中略)ゼロイチの発想が含まれる本来のクリエイティブとは全く意味合いが異なるものである。
[p84『AIとBIはいかに人間を変えるのか』より] 

AIが動作するには必ず「学習」という工程を事前に行う必要があります。

AIに上手い絵を描かせたければプロの画家の作品を何枚も用意しスキャンさせるのです。

AIが「上手い絵ってこういうものなんだね!」と理解すると、本当に絵を描いてくれるようになります。

「適切な教材を用意→学習する→絵を描けるようになる」という流れです。

あれれ?これって人間がクリエイティブするのと全く同じ順序じゃないですか。

ゼロイチという幻想

現在の絵描きAIは学習した絵の特徴を掴み、それを反映させた絵を描くことしかできません。

つまり、ゴッホ風、モネ風、セザンヌ風・・・という感じで学習した内容の「模倣」しかできません。

AIに「ゼロイチ」は不可能ということですね。

 

しかし、考えてみると人間がクリエイティブな活動をするときも「模倣」をするではありませんか!

むしろ、師匠から「盗め」とまで言われますよね。

人間が本当に「ゼロイチ」のクリエイティブをできているのかというと、僕はできていないと思います…。

人間も所詮は模倣や経験によってしかクリエイティブできないのです。

 

人間クリエイティブの優位性

ビジネスの世界でイノベーションという言葉がありますが、「新しいものを生み出す」という意味です。

まさに「ゼロイチ」の言葉ですね。

しかし、イノベーションは「何かと何かの組み合わせ」でしか起こらないと言われています。

無から有は生まれないってことです!

奇抜なアイデアにも世界のどこかにソースが必ず存在します。

 

AIよりも人間のクリエイティブが優れているのは、「組み合わせの複雑性」です。

僕らは生まれたときから様々な体験を経て生きています。

色んなものを見て、聞いて、触ってきましたよね。

その記憶や感覚の全てを一枚の絵に表現することができるわけです。

 

あの日初めて食べたスイカの味や青い海の色が、巡り巡って目の前のアートに投影されるかもしれないよね!ということです。

つまり、人間が学習する量と幅、その深さはAIでは到底理解できないレベルで高度なんですね。

AIはプロの画家の絵だけが学習対象ですが、人間は人生全てをまるっと教科書にできます。

 

クリエイティブの穴

人間が創り出すクリエイティブは、人間臭くて、面白くて、綺麗で。

たまに訳の分からないものもあったりします。

しかし、その作品群にAIの作った作品が一つ紛れ込んでいても誰も気づくことはできません…。

愚かですが、人は人とAIの作品を見分けることができないのです!

 

人間のクリエイターがせっかく身を削って、苦しんで作った作品でもほとんどの鑑賞者には分かりません。

AIは電力さえあればクリエイティブしてしまうのですから泣けてきますよね。

AIの作った作品はアバターを使えば違和感なく公表、販売することができます。

www.thunder-blog.com

 

まとめ:クリエイターの結論

ミロのヴィーナスは古代ギリシアの時代に造られました。

古代ギリシアといえば市民が暇を持て余していた時代ですが、その分学問や芸術に勤しむ時間がたくさんあったのですね。

AIが人間の労働を代わりにやってくれて、さらにベーシックインカム(BI)が導入されれば、僕らはどんどん暇になってくることは間違いありません!

(ベーシックインカムとは「生存権所得」とも言われ、国に属しているだけで国民が毎月補助金をもらえる制度です。)

アートは楽しいものなので、人間の趣味になります。

なので、今後AIのクリエイティブ能力がいくら上がっても、僕らはアートをし続けるのだと思います。

じゃあ、AI関係なくクリエイティブをやっていきましょうってことです!

 

さんだーでしたっ

『AIとBIはいかに人間を変えるのか』を読んでわかること

f:id:Thunder555:20180809044103j:plain

必読書です。

AIとBIに詳しくなくても非常に分かりやすい本でした。

  1. 既にスタートしている第4次産業革命とは?
  2. これから主流になる感情労働って一体何?
  3. BIを導入しなきゃマズイ日本の悲惨な現状
  4. ベーシックインカムの具体的事例とデータ
  5. AIとBIの痛すぎるデメリット
など。

表紙の赤ちゃんが可愛いので、癒されたいときに本棚から取り出して眺めてください!