ユーリカ!

コアラが食べてる奴じゃないよ

日本はオワコン!?起業したけりゃシンガポールにGO

f:id:Thunder555:20180215112400j:plain

テレビ東京の『未来世紀ジパング(2018/1/15)』にて

シンガポール

の特集をやっていました。

 

シンガポール進みすぎぃ!!と思ったのでシェアします。

明らかに遅れをとる日本はヤバいのではないでしょうか?

 

▼目次

 

発展したシンガポールの実態

f:id:Thunder555:20180215093011j:plain

 

7キロ未満のドローンは許可不要で飛ばせる。

f:id:Thunder555:20180215093015j:plain

 

シンガポールは先進技術の実験場となっている模様。

f:id:Thunder555:20180215093109j:plain

f:id:Thunder555:20180215093838j:plain

f:id:Thunder555:20180215093923j:plain

 

日本には「理容院の中に必ず待合室を作らなければならない」という法律がある。

だがシンガポールにはそんな法律ないため、1坪のシェル型店舗を作ることができるのです。

f:id:Thunder555:20180215093926j:plain

シンガポールの規制は日本より数倍ゆるいため、ビジネスが起こしやすい。

ニーズが多様化する時代において、消費者と起業家の双方にとってありがたい国だと思います。

 

日本ではできないビジネスがあるのならシンガポールに行ってやれば良いのです。

移動コストや移動時の不便さがどんどん解消されて行く時代でもあるのですから。

 

出国審査の機械化

シンガポールのチャンギ国際空港では無人化が進められています。

出国審査や荷物のチェックなどもすべて機械が行うのです。

f:id:Thunder555:20180215093802j:plain

f:id:Thunder555:20180215093819j:plain

駅の改札を通り抜けるかのごとく、国をまたぐことができるわけです。

必要なのは、チケットと顔面と指紋。

 

顔パスと指紋認証のみで出国可能というわけです。

鎖国体質の人にとっては何がなんだかわからないのではないでしょうか? 

 

機械だけなんて冷たい感じがするんじゃないの?と思いますが、チャンギ国際空港は世界の人気空港第1位を獲得しており、しかも5年連続1位です(航空サービス調査会社Skytrax調べ/2017)。

 

チャンギ国際空港が堂々の1位となっているのは、無人化だけでなくテーマパーク的なエンタメスポットとしても人気だからです。

 

先進性だけでも、娯楽性だけでもなく、両方を兼ね備えているから強いのですね。

 

※無人化空港は今後世界のスタンダードになるはずです。

 

え…?高級車の自販機なんてあるの

15階建ての高級車の自動販売機があるそうです。

イメージとしては縦型のゴンドラ式の駐車場ありますよね。そんな感じ。

取り扱っているのは中古車のみですが、月に12台ほど売れるとのこと。

f:id:Thunder555:20180215093114j:plain

f:id:Thunder555:20180215093117j:plain

f:id:Thunder555:20180215093749j:plain

タッチパネル操作で購入。

f:id:Thunder555:20180215093752j:plain

f:id:Thunder555:20180215093755j:plain

そのまま乗って帰れちゃう。

f:id:Thunder555:20180215093759j:plain

来店から購入まで最短2分で済むということで、画期的すぎるショールームですよね。

普通の店舗であれば店員は10人ほど必要だということですが、この自動販売機式だと2人だけで良いそうです。

 

今後、様々な契約が簡素化されて行きます。

すると、新車でもこういった形態が可能になってくる。

車の販売員の人はそろそろ次の仕事を探した方が良いのかもしれません…。

 

※イーサリアムという仮想通貨は決済と同時に契約情報を取り扱うことができる。瞬間的に契約を結べるのだ!これを日本は未だに紙と印鑑で行なっている…。

 

いやぁ、アナログってホント良いよねぇ。。

  

 公道での自動運転実施中

まだ実験段階ですが、公道で自動運転車が走っている地区がシンガポールにはあるのだそう。

f:id:Thunder555:20180215093822j:plain

f:id:Thunder555:20180215093825j:plain

f:id:Thunder555:20180215093828j:plain

f:id:Thunder555:20180215093832j:plain

f:id:Thunder555:20180215093835j:plain

実用化は2022年。もうすぐです。

 

日本でも自動運転車の実験ならできるらしいですが、日本が加盟しているジュネーブ条約では「車を動かす際は運転手がいなければならない」と国際的に定められています。

 

なので、このルールを独自解釈したり、日本国内で新しく法整備したりするしかないということですね。

その攻防を今現在、行っているよということです。

 

でも、日本政府も前向きであることは確かです。

法整備がスムーズにできれば2022年頃には日本でも無人運転タクシーが公道を走っていることになります。

 

当然タクシーだけではありませんよ。

バスや配達トラックなどのドライバー系の仕事全般に関わってきます。

 

なんじゃごりゃあ!!

ドラえもんとか攻殻機動隊とかスターウォーズの世界やないかい!

f:id:Thunder555:20180215093841j:plain

f:id:Thunder555:20180215093844j:plain

今後は空中にも「目には見えない道路」が整備されるのかもしれません。

全部AI(人工知能)が管理するため人の目に見えなくても問題なし。

 

むしろ、空路の方が完全にAIがコントロールするため、無事故無違反となりますよね。

 

 

先進的な国シンガポールを見て思うこと

学校で習った「先進国」という言葉はもうオワコンだと思いました。

従来の先進国よりも「先進的な国」がこれから注目を浴びて行きます。

 

経済的な発展はもう天井を迎えています。

では、これから何が重要視されるのかというと、その国がどのような取り組みをしているのかだったり、その国独自の文化や風土がきちんと守られているのかだったりだと感じるのですね。

 

今まで先進国と呼ばれていた国々は「発展済み国家」なので伸びしろがありません。

さらに伸ばしたければ相当な自助努力が必要です。

 

自国というものを再定義して、どう生まれ変わらせるかが問われている気がします。

f:id:Thunder555:20180215111040j:plain 

岩盤規制を崩してより起業がしやすい制度設計が必要ですし、既存の枠組みにとらわれずに行動を起こせるイノベーターを育てる教育が必要です。

 

もし日本がデジタル政府、デジタル通貨、自動運転に憧れているのであればスピードが求められます。

もっと早く実行しないとモデルケースになれず後追いです。

 

注目をそれほど浴びることなく衰退の一途を辿ると思います。

それなら日本固有の文化をもう一度見直して上手い具合に復古させる取り組みに力を入れた方が良いのではないでしょうか。

 

多分僕らは欲張りなので、両方やって行くんでしょうけどね。

 

シンガポールの豆知識

シンガポールには食事とお酒を一緒に嗜む文化がないそうです。

なので、シンガポールに出店した塚田農場では「居酒屋」ではなく「美人鍋専門店」と銘打ってビジネス展開しているとのこと。

f:id:Thunder555:20180215093902j:plain

f:id:Thunder555:20180215093905j:plain

f:id:Thunder555:20180215093909j:plain

f:id:Thunder555:20180215093912j:plain

f:id:Thunder555:20180215093917j:plain

まあ、ご飯とお酒を一緒に飲食するのって体には良くありません。

シンガポールの人は健康的な文化を持っていることになります。

 

 

それをわざわざ壊す必要はないのかなと。

 

今日のオチ

f:id:Thunder555:20180215093858j:plain

チキンライスってあの浜ちゃんが歌ってるオレンジ色のやつじゃないの!?

250円って安いけども、シンガポールの料理はざっくりしとりますなー。

 

でも、ヘルシーで良いね。

 

 

 

 

おしまい