ユーリカ!

コアラが食べてる奴じゃないよ

あなたの価値がガラクタ並みだったとしても需要があれば売れる

f:id:Thunder555:20180209170912j:plain

テレビ東京の『未来世紀ジパング(2018/1/29)』でトラクターと建設重機の特集をやっていました。 

f:id:Thunder555:20180209154343j:plain

f:id:Thunder555:20180209154346j:plain

f:id:Thunder555:20180209154349j:plain

かっこいいですねー。

f:id:Thunder555:20180209160819j:plain

f:id:Thunder555:20180209160801j:plain

f:id:Thunder555:20180209160804j:plain

綺麗に耕しておりますなぁ。

 

気づいたことをシェアします。

 

▼目次

 

タイのトラクター事情

現在タイの農業を支えているのがクボタという日本メーカーのトラクター。

タイではシェア70%だそうです。

f:id:Thunder555:20180209154501j:plain

f:id:Thunder555:20180209154504j:plain

f:id:Thunder555:20180209160043j:plain

 

タイの稲作は日本のように規則正しく植えるのではなく、雑然としています。

f:id:Thunder555:20180209154644j:plain

↑タイの稲はキューティクルのはげたギシギシの髪の毛みたい。

 

f:id:Thunder555:20180209155223j:plain

↑これが一般的な日本の稲。

 

クボタは不揃いに植えられた稲でも難なく刈れるように特殊な稲刈り機を開発したのです。

さらにタイではトラクターの年間稼働時間が1000〜1500時間(日本だと100時間程度)と、かなり多いので壊れないよう頑丈に製造しているとのこと。

 

それなのに100万円以下で購入できるということで、トラクターにしては安価なのです。

 

その結果、タイではトラクターの販売台数が伸び、それに伴ってコメの収穫量が上がりました。

f:id:Thunder555:20180209155721j:plain

クボタの売り上げは2002年から70倍にもなったそうです。70倍ですよ。恐ろしい。

 

タイの農家さんたちはトラクターが普及する以前、稲刈りを手作業で行っていました。

3ヶ月もかかっていたそうです。

今ではたった10日で稲刈りが完了するということで、クボタ様様という感じ。

f:id:Thunder555:20180209160021j:plain

タイでは農家さんがトラクターを持っているわけではなく、「賃刈り」という稲刈り代行業者がいるとのこと。

農家さんはただ座って見ているだけで良い。

 

それを考えると、日本の企業良いことしてるなと思いますよね。

 

そのクボタがトラクター大国のアメリカに進出しているのだよということで、頑張ってほしいなと思いました。

f:id:Thunder555:20180209160926j:plain

f:id:Thunder555:20180209160929j:plain

f:id:Thunder555:20180209160932j:plain

 

でも僕が引っかかったのは番組後半、重機の中古販売の部分です。

 

日本は建設重機の先進国

f:id:Thunder555:20180209161050j:plain

f:id:Thunder555:20180209161054j:plain

f:id:Thunder555:20180209161057j:plain

f:id:Thunder555:20180209161101j:plain

f:id:Thunder555:20180209161145j:plain

水中や断崖絶壁で活躍するはたらく車たち。

全く知らない業界だったのでこんな車があるのかと驚き。

 

これら日本の中古重機たちが、高値で売買されているそうです。

 

そんなガラクタ売って良いの…?

f:id:Thunder555:20180209161403j:plain

f:id:Thunder555:20180209161407j:plain

f:id:Thunder555:20180209161410j:plain

素人目だと一見ガラクタです。

 

しかし、日本の重機は質が良くて定期的に車検を行うため、パーツにばらしたとしてもアジアの重機市場では需要があるとのこと。

 

もちろん、ただのガラクタはガラクタでしかないと思います。

僕らがビジネスを行う際は、当然ガラクタ商品を排除すべきです。

f:id:Thunder555:20180209162130j:plain

f:id:Thunder555:20180209162133j:plain

f:id:Thunder555:20180209162137j:plain

しかし、自分がガラクタだと思うものがガラクタなのではないと気づきましょう。

 

自分は価値がないと思っていた。だがそれを欲しがる人が実はいるかもしれない。

 

ということです。

 

変な石でもクレヨンしんちゃんのボーちゃんのような石コレクターには響くわけですし、バナナの皮でもレンジでチンすればヌルヌルして気持ち良いのです…。

 

灯台下暗しですね。

 

自分にとっては当たり前だから価値に気づかないだとか、過小評価し過ぎているというケースは往々にしてあります。

 

では、どうすれば身の回りのお宝に気づくことができるのでしょうか?

 

DRMをしまくる

自分ではわからないのですから、人に聞くしかありません。

リサーチってやつですね。

 

聞き方は「こんなのあるけどどう思う?」とか「どんなのが欲しい?」です。ざっくりですけど。

 

まずは身近な人から意見を聞いて行って、最終的にはネット上でアンケートを取る。

f:id:Thunder555:20180209172302j:plain

 

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)という言葉があります。

お客さんから直接反応を頂くというマーケティング手法です。

 

ネット文化では非常にDRMがやりやすくなっており、ブログやYouTubeなどで気軽にコメントをもらうことができます。

 

あなたの価値の作り方

世界の重機市場は12兆円ほどだそうですが、あなた個人の価値はどれくらいの需要があるでしょうか?

 

現段階で価値が無くても良いです。

 

前述の通り、クボタはタイ仕様のトラクターを新たに開発して70%のシェアを獲得しました。

 

日本の重機のパーツは国を変えれば高値で売れるわけなので、戦う場所を変えるというのもひとつです。

 

僕も大学の就活時期に自己分析というものをやり、自分の無価値さを痛感しました。

 

だから就職しない道を選び、これから自分に価値をつけて行くんだということを決心したのです。

 

それからどれほど価値を高められたかはわかりませんが、少しはマシな人間になっていると思います。

(そう願っている。。)

 

やってほしい事

  1. 今持っている価値とリソースを洗い出す
  2. どの分野の価値を高めるか考える
  3. 価値を高める

既に持っている価値でなんとかできる人は結構ラッキーです。

すぐにでもビジネスになるスキルがあるとか、ブログを書けるネタを持っているだとかですね。

 

ゼロからスタートするなら、どんな価値を高めるのかを決めるところから始めましょう。

 

自分の好きなこと、得意なこと、需要のあること、未来性のあることを1ヶ月以内くらいを目処に調べて、大体これだと思うものに目星をつけます。

 

一発で天職にめぐり合おうなんて考えなくて良いです。

 

できることからスタートして価値を高められるように、勉強したりブログを書いたりしてみてください。

 

あなたの人間性や考え方などが絡み合って、どんどん価値は大きく膨らんで行くのです。 

 

それは果たしてガラクタでしょうか?

 

もちろん、あなたの作り出す価値を見てそんなのガラクタだという人は大勢出てくると思います。

 

それでも、なんか良いよねーと感じてくれる人はあなたのフォロワーとなってくれるのですね。

 

びっくりした事

農業の機械化=無人化が進んでいるようです。

f:id:Thunder555:20180209164608j:plain

無人トラクターは自動運転車が公道を走っているというニュースを知っていれば納得が行くでしょう。

僕が驚いたのは、ドローンで作物の状態を見たり、農薬を散布したりできるという点ですね。

 

f:id:Thunder555:20180209164614j:plain

右の男性が凄く良いことを言っていました。

 

機械化することにより農業のイメージが変わる。究極のホワイトカラーになる。

つまり、農業に若い人が入ってくる。

 

ということです。

 

そして、最後にタイのマクドナルドではライスが出てくるらしい。

f:id:Thunder555:20180209165038j:plain

f:id:Thunder555:20180209165043j:plain

さすがこれからアジア(世界?)を引っ張って行く国のひとつです。

 

 

 

 

おしまい