ユーリカ!

コアラが食べてる奴じゃないよ

20代の生き方で30歳以降の人生が決まる真実を受け入れよう!【努力の重要性】

f:id:Thunder555:20180930212725j:plain

早く成功してコタツでぬくぬく老後を暮らしたい、さんだーです。

老後まであと30年以上ありますが。

人生はその日暮らしというよりは積み立て式です。

老人になる前のタイミング、つまり若いうちにどう生きたかで良き老後生活を送れるかどうかが決まります。

 

これは自分の望み通りの成功を得たい場合もそうです!

できるだけ早い段階で成功を収めたいなら20代を無駄にしてはいけません。

世の中のことをどんどん知っていってるけどまだ若い20代のうちにコツコツ準備することがあります。

若いうちから成功するのはあきらめろ!

三〇歳という「自分づくりの最後の年」に、笑える人。「やるべきことはみな、精一杯やった」と、満ちたりた心を抱ける人。そんな「仕込みの最後の年に笑った者」が、人生のキャリアの勝者となります。
[p18『20代で人生の年収は9割決まる』より]

あなたは、ジャスト30歳の年齢が「自分づくりの最後の年」だという意識はありますか?

僕は最近こういった気持ちで生きてるんですが、『20代で人生の年収は9割決まる』という本に書かれていたこの言葉が心に響きました!

30歳前の若いうちに「人生の下積み」をやっておかないと、年を取ってから苦労します。

バブル入社組は会社のお荷物になっていると聞きますが、要は楽した奴は腑抜けになってしまうんですね。

 

頭の良い人は早くから大きな成果を出せたり、甘い蜜を吸い続けられるポジションをキープできたりします…。

羨ましい限りですが、、そんな能力者は稀有ですし実は裏で努力していたりします。

なので、凡人が調子に乗って若い頃の努力を怠ると後々どうなるか考えたくもないですね。。

年を重ねる度により人生が良くなっていかないと生きてる意味は薄くなると思います。

20代は徹底的に準備しましょう!

 

どんな準備をすればいい?

20代のうちに果たしてどんな準備をすれば良いでしょうか?

30歳以上の方はできそうなものをやってみてほしいです!

 

他人と比較しないマインドを育てる

人と比べるなと言われても簡単にはできませんよねー。

従来のビジネス、スポーツ、受験といった身の回りに有り触れているものの主体は「競争」です。

でも顔も得意分野も経歴も全く異なる他人にいいなぁと憧れても何にもなりません!

我が肉体と我が人格をもって、いかに生きてゆくかに焦点を当てましょう!

触れ合う人数を減らして、自分自身の戦略や勉強に集中することですね。

 

成功と失敗を積み上げる

成功体験は自信になり、失敗は学びになります!

成功と失敗を経験するには「挑戦数」を増やせばOKです。

ひたすら色々挑戦すれば、成功も失敗も勝手にします。

 

ところで成功と失敗、重要なのはどちらだと思いますか?

これはよく言われていますが、失敗のほうが重要なんです。

成功体験を積み上げすぎると今度は「凄かった自分への固執」が生まれるため、新しいことを受け入れられなかったり人に対して傲慢な態度になってしまったりします。

老害さの助長に繋がるのですね。

www.thunder-blog.com

 

得意分野の練習と得意分野を広げる活動

得意分野を見つけたら、あー俺これ得意なんだなぁだけで終わらせないでくださいw

才能とは磨かないと伸びないのです。

何もしなくてもできる分野だからと放置すると、努力して練習してる人にどんどん抜かされます。

僕が小学生のときサッカー少年団の子よりサッカーがちょっとだけ上手くできたのですが、高校の授業で久しぶりにサッカーをやったら手も足も出なくなってたんですね。(サッカーなので手は出せませんが。)

得意なことほど本当に練習したほうが良いですよ!!マジです。

そんで、色々チャレンジしてみてちょっとでも得意かもと思ったことにはさらに挑戦してみてください。

www.thunder-blog.com

 

徹底的に突き詰められるものを見つける

自分の得意なこと、または好きなことで徹底的に突き詰められるものを見極めましょう。

生涯かけて続けられるというものですね。

これが見つかると強くて、あとの人生はそれをやるためだけに生きればいいのです!

 

成功するためには一つのことにフォーカスすることが重要なのですが、「何を選んでもいい」というのが結構なトラップになります。

人生のテーマに何を選べばいいか迷って色んなことに手を出してしまいます。

でもその中で「これだ!」というものを見つければ勝てます。

人生の全てがそれに繋がっているというライフスタイルを組み立てることができれば、絶対大きな成果残せるでしょ!と思うんでうすよねー。

 

興味のあることにお金を使ってみる

僕はコーヒーが好きなのですが、コーヒーとひと口に言っても色々あるわけです。

豆の種類や淹れ方、淹れる道具、歴史などなど。

じゃあ、色んなものを試してコーヒーにまつわる経験や知識をたくさん仕入れたほうが好きが増してきます。

「○○が好き」と言っておきながら全然知識がない人っていますが、それだとニワカだと思われてしまいますよね。

もちろんそれでもいいんですが、せっかくなら銀行に眠らせているお金を好きなことに投資すればいいのにと思います。

カメラやキャンプなどお金のかかる趣味の人は、出費しすぎに注意しましょう…。

 

馬車馬のように働く

入社した二三歳から二五歳までの三年間は、体を張って職場に尽くす時期。「若い感性を活かそう!経験がないぶん、アイデア勝負」と思っているなら、それは一〇〇パーセントの勘違いです。
[p21『20代で人生の年収は9割決まる』より]

天才や英才教育で幼少期から訓練を積んでいる人は、若くして自分の独自性を遺憾なく発揮できるでしょう。

凡人は基礎からコツコツ積み上げていくしかありません。

それなのに体を動かして疲れることを嫌がったり先輩の言うことを真剣に聞かなかったりする人は多いです。

間違っていることやブラックで不条理なことを聞けというのではなく、自分の成長や仕事を進める上で重要なことには喜んで従いましょうと。

 

ネットが発達して学習が簡単になり下積みが不要な時代になってきてはいますが、時間をかければかけるほどその分野のアイデアはたくさん出てきますよ!

最初からクリエイティブな発想をしようとするのは「一発当てたい」という心理から来ているのかもしれません。。

一発当てれば楽に結果が出ますので。

30代以降の人生の基礎を構築する必要があるので、若いうちにできるのは体をパワフルに動かしてコツコツと学ぶことです!

 

自分を安売りする

二〇代で高い給料にこだわってその後の三〇年は下降していくより、二〇代はお金をいっさい気にしない覚悟で働き、三〇代から高い年収となるように投資したほうが、メリットははるかに大きい
[p95『20代で人生の年収は9割決まる』より]

普通は自分を安売りしちゃいけないと思いますよね?

でも「経験の量」を積むには自分を安売りすれば簡単にできるわけです!

 

若いうちから高い給料を目当てに仕事を選んでも、どうせいいお金の使い方しませんよ。

生活水準を一度上げてしまうと下げるのに死ぬほど苦労します。。

それだったら若いうちは報酬が安くてもいいから、価値のある経験や勉強に身を投じれる環境にいたほうがいいです。

二五歳で年収二〇〇万円以下だったとしても、着実に力を蓄えていけば、のちのち年収は自然についてきます。あとで絶対に取り返せるとわかっているのに、今、目の前のお金にこだわって大切な勉強をおろそかにしては損をします。
[p95『20代で人生の年収は9割決まる』より]

 

本に100万円以上使う

本は自分の持っていない知識や体験にアクセスできる非常にいいツールです!

今自分が抱えている問題の答えが普通に載ってたりしますw

失読症で本が読めない人はオーディオブックがありますし、動画のeラーニングに100万円突っ込めばOKです。

遊んだり飲み会行ってるお金があるなら勉強代に回しましょう。

若いうちに馬車馬のように働いたり、勉強しておけば後々楽になりますぜ。

 

転職する

最近は年収よりも「キツくない仕事」を求めて転職する人が多くなっています!

僕の友達で東京に行った人は大抵年収を下げて北海道に帰ってきていますよw

転職すること自体勇気の要ることだろうなと思うのですが、さらに給料が下がるとなると…。

しかしこのご時世転職または失業を経験しない人ってのはゼロに等しいわけで、ほぼ全員が転職や勤め先の倒産、独立をするという時代に突入しています。

 

だから一番最初に入社した会社にしがみ付くのは良くないし、その必要はないんです。

自分の居場所を失うまたは大きく変わるという経験をさっさとしてみましょう。

いつもは出社していたはずの平日にスーパーとか映画館に行ってみると、人間って本来は自由なのだよなと気づけます。

勤め先が副業を認めてくれたりしてチャレンジを促してくれるようなところであれば、無理に辞めなくてもOKですがね。

 

適度なダメージを受ける活動

基本的に日本人は箱入りで過保護にされてお花畑で育っています。

心に傷を負ってそれをバネにするというのが苦手なんですね。

なので、どんどんダメージを受けて強くなって復活するというスーパーサイヤ人・スタイルの生き方を推奨します!

(ドラゴンボールのスーパーサイヤ人は戦って倒れて復活する度に強くなるという設定である。)

心のダメージには苦しい・悲しい・倦怠感などなど種類がありますが、味わうべきは「悔しみ」です。

つまり、積極的に挑戦して挫折または後悔をする。

そして、作戦を練ってまた立ち上がるという具合です。

www.thunder-blog.com

 

暇な時間を作らない

暇が口癖の人がいますが、本来暇な時間などありません。

仕事、勉強、読書、恋愛、趣味…など色んなやることがあります!!

下流老人なんて言葉がありますが、老後絶対に困らないというのであれば暇で結構だと思います。

来年、今よりも人生が向上しているならいくら時間を浪費しても許されるでしょう。

暇ってのは「何もすることがない時間」なわけで、随分人生余裕ですねと…。

20代にやったことが30代に反映され、30代の蓄積が40代を形作るのだとすると、サボってる奴が痛い目を見るのは明らかなのです。

リフレッシュは必須ですが、メリハリ生きて暇な時間を作らないようにしましょう。

 

PDCAを回す

PDCAとは、

  • Plan:計画
  • Do:実行
  • Check:評価
  • Action:改善

を繰り返して目標達成することです。

簡単に言うと、トライアンドエラーを繰り返すということですね。

上手くいく方法を探りながら前進しましょう!

 

結果が出てくると自信も付いてくるので一石二鳥。

その過程で周囲の人を味方に付けて応援してもらうといいです。応援してもらうコツはその人に相談すること。

「これどうやればいいと思いますか?」とその人がチームの一員かのように相談してみましょう。

するとその人はその気になって味方に回ってくれます。

その人を応援者に変えることが目的なので、その人からのアドバイスは別に聞かなくていいです!

 

大きな目標を見つける

大きな目標を立てる最大のメリットは、羅針盤になってくれることだと思います!

自分の向かうべき方向がクリアになるのですね。

目標は別に叶わなくていいんですよ。あとから変えてもいいですし。

目的を失って生きるとダラダラしちゃうので。

なので、叶わないくらいの大きなミッションを若いうちから見つけておくとかなり人生潤います。

何かを目指して頑張っている状態が健全だということです。

www.thunder-blog.com

 

まとめ:コツコツ努力!!

  1. 20代は下積み期間として考える
  2. 挑戦と勉強と内省(熟考)で人生を埋め尽くす
  3. 没頭できることがないなら努力をする必要がある 

結局は努力です。

厳密に言うと、自分でも努力とわかってないほど没頭するか、または一生懸命意識的に努力するか。

このどちらかをしましょう!

現代の日本は特に平和なのでのんびりしてれば生きてゆけます。

でもそこに甘えていたら、数十年後は幸せに暮らせないと思います。

だってほんの100年前まで日本は普通に戦争してたわけですよね。(世界で戦争が絶えなかった時代が確実にあった。)

数十年後の日本はどうなっているか分からないわけでして、戦争は起こらなくても、AIによって僕らが今やっている職が代替されているということは平気で起こります。

 

今コツコツと積み上げ始めないと、ここぞというときに残弾数がないと人生詰むわけですよね。

努力は無駄になりません。

それは努力した分、努力性が身につくからです。

どんな境遇に陥っても、「また努力して立て直そう!」と考えられるようになります。

そう思えない人は自分の悪い境遇を飲み込んで文句ばっか言って生きるわけです。

そんなの絶対嫌じゃ!!!!

 

さんだーでした。

 

参考図書『20代で人生の年収は9割決まる』

就活生の方にオススメの本です!!

  • 採用試験ではやりたいことを伝えるのではなくお値打ち感を出せ
  • 業界研究・会社研究は同業他社の特色や違いに着目せよ
  • 成功体験よりも失敗を乗り越えたエピソードを話せ

などの就活テクニックが書いてますよ。