ユーリカ!

コアラが食べてる奴じゃないよ

【自分に限界感じてる人にオススメ】『リミットレス!』という本が結構良かった!!

f:id:Thunder555:20180828225323j:plain

リミットレスを読んでから自分の潜在意識の全てを解放したくてウズウズしている、さんだーです。 

僕はいとこが6人いるのですが、そのうちの一人が今年から大学生になりました。

大学1年生を満喫しているのかと思いきや、どうやら休学したらしいのです。

本当は「辞めたい」らしいです。

休学なんて今時普通のことなのですが、「馴染めない」という理由のようです。

起業するとか留学するとかそういうカッコいい理由ではないわけですね。

そこで、励まそうと思って、本や映画のDVDを送ろうと思い立ちました。(休学中の暇も潰せますよね。)

相手がJD(女子大学生)なもんで20代後半のおっさんの僕は全く好みがわからなかったのですよ。。

 

本屋に行って探索していたところ、見つけたのが大嶋信頼さんという人の『リミットレス! あなたを縛るリミッターを外す簡単なワーク』という本。

なんと言っても表紙が可愛い!!(JDに少しでも興味持ってもらおうと必死…)

そして、人生の悩みに答えてくれそうな本じゃないか。

ということで、この本をチョイスしたわけですが、僕自身ペラペラめくってみて大発見をしてしまいました!

良い本じゃないか!!!!!

不安=安全装置

どんどん将来の不安なことを想像したり過去の人間関係の不快な場面を思い出したりするのは、これから起きるかもしれない不幸を、未然に防ぐためなのかもしれない、そう考えたら納得ができます。
[p21『リミットレス! あなたを縛るリミッターを外す簡単なワーク』より]

例えば、崖から落ちそうになったとき冷やっとすると思います。

その前にガクガクブルブルと体が震えてくるでしょう。

なぜかと言うと、「落ちたら危険だよ!」というサインを体が出してくれているのですね。

じゃあ、精神的な不安も同じです。

自分を守るための安全装置的な役割を果たしてくれているわけです。

 

しかし、精神的な安全装置が無意識のうちに強くかかってしまうと「思い通りに行動できない・発言できない」ということが起こります。

場合によっては、何かをやり過ぎてしまうとか、すぐに感情を剥き出しにしてしまうといった方向にも働きます。

  • なぜか朝起きれない
  • なぜか会議で思うように発言できない
  • なぜか服を買い過ぎてしまう
  • なぜか他人のミスを許せずに激怒してしまう

など、決して良いとは言えない行動をなぜか取ってしまうのです。

これは言わば僕らの抱える問題であり「リミット」なのです。

 

隠れた7つのリミット…

代表的な安全装置は7つあるそうで、

  1. 起きられないリミッター(朝が辛い)
  2. 動けないリミッター(やる気が出ない)
  3. 正しさ主張リミッター(すぐに怒る)
  4. 自虐リミッター(自分を雑魚だと責めてしまう)
  5. 空気読みすぎリミッター(他人に振り回される)
  6. 人の目気にしすぎリミッター(他人の目が気になる)
  7. 心配性リミッター(心配事が多すぎる)

もしかしたら全部当てはまっている人がいるかもしれませんね・・・。

欠点が多いと感じて嫌になるかもしれないですが、リミッターが多いほど実は才能があって能力の高い人です!

リミッターとは、俗世において安全に、目立たず、普通に、息を潜めて生きていく処世術みたいなものなので。

 

僕自身で思い当たるものの一つは「動けないリミッター」でした。

最近は仕事が楽しいのですが、昔はかなりやる気を出すのが難しく、YouTubeばかり見ていました…。

www.thunder-blog.com

 

動けないリミッターを例に見ていきましょう!

動けないリミッターは、やらなければいけないことがあるのに、なぜかやる気が起きないというタイプです。

「余計な行動をして、時間と労力を無駄にする」ことのないように、行動に対して制御する役割を負っています。
何かやっても、失敗すれば時間の無駄だし、労力をかけても報われなければ、すべてが無駄になってしまいます。どうせ成功する人なんて一握りだし、努力が報われる人なんてほとんどいないわけですから、はじめから動かなければその無駄が省けるというわけです。
[p46『リミットレス! あなたを縛るリミッターを外す簡単なワーク』より]

昔、動けなかった頃の僕が直接的にこういうことを思っていたかというと、そうではなかったと思います。

多分、潜在的に思っていたことなので自分でも気づけなかったのです。。

うっすらと「無駄になったら嫌だ」という意識はあったような気がしますが。

でも、動かなければ動かないでいるほど、自分の願いを叶えようとしない自分にストレスがかかり、そのストレスが脳内に溜まります。
[p46『リミットレス! あなたを縛るリミッターを外す簡単なワーク』より]

そして、自己嫌悪に陥るんだけど、それでもなぜか動けない・・・というマジでよく分からない状況になるんですよね。。

 

動けないリミッターがかかる原因

ビビったのが、動けないリミッターの原因です。。

「動けないリミッター」は、「せっかくコツコツ努力してきたのに、家族のトラブルでぶち壊されてしまった」という経験を持つ人によくみられます。最も一般的なのが「父親の転勤」です。
[p48『リミットレス! あなたを縛るリミッターを外す簡単なワーク』より]

えっ?

父親の転勤って俺もマジでうぎゃー!!!!!!

僕の父は公務員で転勤族でした。

確かに、仲良い友達と別れる経験を数回しているんですよー!!!!!

占いじゃないけど、当ててきやがったぞ、この本!!!!

 

ということで、『リミットレス!』良い本じゃん!となったわけです…。

本の後半にリミットを外して人生を好転させた人のカウンセリング事例が載っているのですが、そこも面白かったです。

人間ってヤツが潜在意識でどのような思考をし、どのような意識を持てば変われるのかということが分かります。

人間の心の変わって行き方が「なるほどな〜」という感じです。

 

おわりに:俺の邪魔をしていた俺の心

自分の問題や思考のクセが何によってもたらされているのか原因を知ると少し楽になります。

そして、よくよく考えていくと潜在意識にアクセスできるようになり、解決策が見つかるまでになれるんですね。

『リミットレス!』でも多くの事例が出てきましたが、その全てが「他人を変えるのではなく自分自身の内面を変える」ことで状況を好転させています。

 

本当に感心しますよ。

現状ある全ての問題の解決策は、実は自分自身の内側に眠っているのだと感じました!

というか、自分が起こしている問題や自分が今の状態になってしまったプロセスって、それを間近で見てきた自分しか知らないわけで・・・。

自分の過去を紐解く教科書は本屋には売っていませんから、自分自身に問いかけてみるしかないわけですよ。

 

答えを自分の外側に求めて勉強すれば大半の問題は解決できると僕は思いますが、自分の性格や特性について考えるときは自分の中にしか答えがありません。

人の思考や精神って複雑に絡み合っているので、自分の過去や自分の根本的な考え(潜在意識や無意識の領域)を丁寧に解読するしかないんですねー。

考えることの多さと複雑さ、一度考えただけでは答えが出ないもどかしさ、向き合うことの恐怖などに襲われますが、やったら相当強くなれると思いますよ!

限界突破しましょ!!!!

 

さんだーでしたっ